cscreate's BIZlog

ネットショップや情報提供サイトの企画・運営・プロモーションに役立つ情報を収集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット選挙運動を考える

ネット選挙運動は解禁されなかったが、選挙運動でのネット活用は進んでいる。
(ここで選挙運動というのは、法律上の概念より広めに考えている。)今回の
参議院議員選挙では、webサイトを持っていない有力候補者を探すのが難しかった。
ここで注目しなくてはならないのは、得票にネットがどれ程寄与したかだ。得票の
決め手になったのが、ネット経由の情報であれば、ネットが得票に寄与があったと
考えられるが、これについては、調査や研究の成果を待ちたいが、情報量が格段に
増えていると言えるので、ある程度の相関関係は予測できる。ただ、接触した情報
の量が一番多い候補に投票するとは限らないので、次に投票先の決定に役立った
情報は何だったのかをリサーチする必要がある。
 ネット情報に限らず選挙関連の情報のうちどの媒体のどのような情報から
有権者は、投票先を決定するのだろうか。実務上は、選挙ハガキ、選挙公報、
選挙ポスター、政見放送、webサイト、メール、電話などをどう使い情報を
提供していくかという情報戦略がこれまで以上に必要になる。選挙での情報
戦略ということについて、しばらく、継続して、考えてみたい。
スポンサーサイト

テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://csbizlog.blog72.fc2.com/tb.php/75-f74f9d83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。