cscreate's BIZlog

ネットショップや情報提供サイトの企画・運営・プロモーションに役立つ情報を収集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破るな9条

「森のデザイン」展(7/3~7/15・玉川高島屋S・C本館R階ルーフギャラリー東京都世田谷区3-17-1)で「憲法9条」への思いを見事に表現した「障子絵」に出会いました。ここで、紹介したくて、無理を言ってスタッフの方から写真を拝借しました。

いただいたパンフレットには、次のようなメッセージがありました。

「九という数字は憲法九条に直結する。いきさつはどうであろうが、軍備で平和はおぼすかない。障子の破れから危ないものが見え隠れしている。鉄砲も爆弾も陸海空軍も永久にもたないという条文を守って「九」の字を破らないで!!
古い日本家屋が段々少なくなった。昔の人が手でつくった障子の桟を廃棄処分にするのはしのびなく、あまりにも美しいので、紙を貼って再利用したモッタイナイ・シリーズの障子絵。」

障子の破れ目から危ないものがたくさん見まていますが、平和や環境への熱い思いも見えてきます。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。